小布施栗.com
栗と杏の産直通販サイト
信州おぶせ平松農場

TEL 026-247-3338
 
http://www.obuse-kuri.com ■小布施栗  ■栗料理  ■あんず畑の四季  ■あんず料理  ■ショッピング 
■農場概要  ■リンク集  ■掲示板  ■園主きまぐれ日記  ■個人情報取扱
 [HOME]
 
■栗の栄養価
栗の主成分は、糖質でブドウ糖やショ糖を多く含むため甘みがありご飯やパンの代用としてカロリー源になります。 ビタミンB1、C、食物繊維が豊富に含まれており、疲労回復、風邪の予防、整腸、便秘、肌の老化防止等々に効果的です。 消化吸収が良く体内で他の食物と合わさり栄養素の吸収を助けます。

■栗の保存方法
生栗は乾燥しやすく、密封すると湿気を多く出します。到着後、ビニール袋から一旦取り出し、湿度調整のため多めの新聞紙で包み、そのままビニール袋に入れ冷蔵庫野菜室などで保存してください。
無燻蒸栗のため、万が一、虫害果が混入していた場合、常温・冷蔵保存問わず幼虫が果実外へ脱出する恐れがあります。お早目に加工することをお勧めいたします。加工後は、長期間保存目的以外はお早目にお召し上がりください。

■生栗の皮むきの方法
沸騰したお湯で2〜3分湯がくと鬼皮が柔らかくなりむき易くなります。

  
栗料理レシピ
 
■ゆで栗■
 
 @新鮮な栗は半日くらい干すと甘みが一段と増します。
 Aたっぷりの沸騰しているお湯に栗を入れ40分〜50分ゆでます。
 B鍋のお湯を払い、蓋をしたまま5分〜10分蒸らします。
 
 
 
■むし栗■
 
 @ゆで栗の@を参照。
 A蒸し器で40分〜50分蒸します。
 
 
  
■焼き栗■
   @栗の底部(座)に包丁で切れ目を入れます。
  Aアルミホイルに包んでオーブントースターで約15分〜20分焼きます。
 
 
  
  
■栗のから揚げ■
   @小粒な栗の鬼皮をむき、渋皮がついたまま中温で揚げます。
  A揚がったら渋皮を手でむき表面の油をふき取ります。
 
 
  
  
■栗の甘露煮■
 

【材料:栗 500グラム 砂糖 350グラム(お好み)】

@鬼皮と渋皮を丁寧にむきます。(栗の皮むきは、熱湯で2〜3分湯がいてから低部から頂部に向かってむきます。)空気に放置せず水に浸します。
A浸しておいた栗をゆでますが、あくを抜くことが目的なので2〜3分固ゆでします。
BAの水を取り替え、栗と鍋についたアクをきれいに洗い流します。
C3カップの水(栗が煮汁から出ないように水の量を調節してください)に分量の砂糖を煮溶かし、栗を水気を取って加え、紙蓋をして中火で20〜30分煮ます。
D火を消して、そのまま冷まし味を含ませます。

※栗が煮汁から出ないようにします。(栗が変色)
※火加減と時間に注意します。(栗の仕上がりの硬さ、煮崩れる)

 
 
■栗かのこ■
 

【材料:栗 500グラム 砂糖 250グラム】

@栗をやわらかくゆで、2つ切りし、中身をスプーンで取り出し裏ごしします。
A裏ごしした栗に分量の砂糖を大さじ3〜4杯の水で溶いて加えます。
Bかたさを加減しながら(かためであればお湯を足します)中火で練ります。
CBへ栗の甘露煮を加え弱火で練ります。

 
 
■栗の茶巾しぼり■
 

【材料:栗 500グラム 砂糖 50グラム(お好み)】

@栗をやわらかくゆで2つ切りにし中身をスプーンで取り出して裏ごしします。
A裏ごしして滑らかになった栗に砂糖を加えてしっとりするまで良く混ぜます。
  (お好みでシナモンを加えるのもいいでしょう)
B乾いた布巾、またはラップにAを適量とり、茶巾にしぼります。

 
 
■栗ごはん■
 

【材料:米 3カップ 栗 300グラム 塩 小さじ1杯 酒 大さじ1杯】

@鬼皮と渋皮をむいてあくを抜きます。(栗の甘露煮の@Aを参照)
Aむき栗は小さければそのままで、大きければ2つまたは3つ切りにします。
B米をよくといで同量の水と分量の塩と酒を入れ普通に炊きます。(もち米を1〜2割混ぜてもいいでしょう)
C炊き上がってピチピチ音がしている間に、浮いている栗を手早くご飯と混ぜ合わせ、蓋をして少し蒸らします。

 
 
■栗おこわ■
 

【材料:もち米4カップ 栗 400グラム 砂糖 大さじ1杯 塩 小さじ2杯 酒 適量(もち米の1割)】

@鬼皮と渋皮をむいてあくを抜きます。(栗の甘露煮の@Aを参照)
Aむき栗は小さければそのままで、大きければ2つまたは3つ切りにします。
B一晩水につけておいたもち米をざるに上げ、分量の塩をまぶし、Aの栗を入れ蒸し器で蒸します。
C蒸しあがる直前に大きめの容器にBをあけ、1カップ弱のお湯で溶いた砂糖と酒を全体に良くまぶします。
D栗とおこわを混ぜ合わせ、さらに蒸します。
  ※出来上がったおこわの栗がかたい場合は始めに約5分ゆでてもいいでしょう。

 
 
■栗の渋皮煮■
 

【材料:栗 500グラム 砂糖 300グラム 重曹 小さじ1杯】

@渋皮を傷つけないように、鬼皮を底部から頂部へむきます。(栗を約2分湯がくとむき易くなります)
A栗をたっぷりのぬるま湯から沸騰して約5分間煮て、分量の重曹を加えお湯が黒く濁るまでさらに煮ます。
B黒く濁ったお湯を捨て、ぬるま湯に栗を入れ沸騰してから中火で約5分間煮ます。
  これを3回以上繰り返します。
  ※(1)栗を空気中にさらさないようにします。
   (2)鍋を2つ使い、次のぬるま湯を用意します。
   (3)栗を水に入れないでください。
C手が入れられるほどのぬるま湯にし、栗をぬるま湯につけたまま傷をつけないように筋を取ります。
(指でやさしく こするとすべすべになります)きれいになった栗はぬるま湯に入れます。
D再度Bの作業をお湯が透明になるまで繰り返します。この時渋皮に傷のついたものは取り除きます。
E水3カップに砂糖を加え煮溶かし、栗を入れて紙蓋をして中火〜弱火で静かに20分煮ます。風味付けにラム酒を入れても良いです。
F栗を取り出し、汁を煮詰め、栗を戻して一昼夜味をしみ込ませます。
※栗が煮汁から出ないようにします。(栗が変色)
※火加減と時間に注意します。(栗が煮崩れる)
※Aのアク取りはワラ灰(木灰)で行う方法もあります。ワラ灰(木灰)で行ったほうが、栗の破裂が少なく仕上がります。
(1)@と同様に鬼皮をむいて、たっぷりのアク水(ワラ灰に熱湯を入れて作ります)に一昼夜つけます。
(2)Bから同様に行います。
(3)アクが抜けない場合、(1)の後、アク水を捨て、鍋に栗が充分かぶるくらいのぬるま湯に栗を入れ沸騰後、小さじ三分の二の重曹を入れ五分間煮ます。その後、Bから同様に行います。
 
 
ページトップへ
(C) OBUSE-KURI.COM ALL RIGHT RESERVED